2011年08月29日

郵便物配達証明書

先日発送した内容証明の、配達証明が届きました。



8月24日に、確実に相手に届いたようです。



受け取りには受領印が必要な形で発送していたため、



受け取り拒否もされず、



確実に宛名の人物がその住所に居を構えていることが



これでほぼ明確になりました。



差出人も分かって受領しているはずですから、



明確な意図を持って支払いを拒否していることの裏付けとも言えるでしょう。



しかも、受領後も一切連絡をよこさないのですから。



この悪意、どう裁いてやろうか。



本来なら、直接赴いて殴り倒したいところですが、



粛々と裁判所経由の手続きを進めることにします。



大人げなく、大人な対応をしましょう。

posted by ibage at 11:48| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

内容証明郵便発送

先日のブログでも書きました、料金未払いのままオークションで逃げられた件。



再三のメールにも返事がなく、



電話をしても、常時「電波の届かないところにおられるか、電源が入っておりません」



と機械音声からの応答しか得られないまま本日まできています。



携帯経由では埒が明かないので、先週には書面の請求書を送付しました。



落札者は、住所からして一戸建て住まい。



恐らく独り暮らしではないだろうとの予想のもと、



書面による請求書が当該住所に届けば、



他の家族の目にも触れ、支払いへの圧力にもなるのではないか、と思ったのですが、、、



書面は相手方に届いているものの、一向に反応がありません。



そこで昨日、



内容証明郵便にて再度、催促の告知をさせて頂きました。




ibageの雑記

既定の行数・列数にワードの設定をし、



枚数が増えるとその分費用がかかるので、一枚に収まるよう文章を工夫。



発送用・自分用・郵便局保管用の3枚を用意し、各々へ捺印。



郵便局にて内容及び書式の確認をしてもらい、



前掲画像の様な証明印を押してもらいます。



発送したものがどのような状況にあるかを確認できるよう、



配達証明も付けての発送です。



落札額・送料合わせて500円にも満たない請求に対し、



1,220円もの費用をかけての内容証明郵便。



他の人が、諦めてしまうのも重々理解できる程の手間と費用です。



ま、当然、その費用も合わせて支払うように通知はしています。



正直、この書類作成費用も算出して請求したいもんですが、



いくら自分自身のこととはいえ、まだ無資格なもんで、やめておきました。



これが心理的圧迫になればいのですが、



正直、また無視される可能性が高い気がします。



期限は今月中。



この期限が過ぎれば、今度は裁判所を通じた支払督促手続きを行う予定です。



債務者の住所を管轄する簡易裁判所に申請しないといけないのがネック。



正直面倒です。



申請費用の印紙代も馬鹿になりませんし、



裁判所からの督促通知発送費用なども準備しないといけません。



逃げ得を許すよりはマシですが、時間も費用もかかるこの手段、



出来れば取りたくないもんです。



とっとと払えばええもんを・・・

posted by ibage at 12:14| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

絶対に回収します!

先週の日曜日、オークションに出している古本が落札されたのですが、



代金の支払いがないまま、落札者と連絡が取れなくなってしまいました。



確かに自分も悪いんです。



相手を信用して、商品を発送した自分も。



相手の評価は”0”。



オークションサイトに登録して間もない、とのことだったので気になりながらも、仕方がないと思ってしまいました。



で、代金の振込先を教えて、商品発送し、その旨の連絡をしたところでプッツリと連絡が途絶えました。



落札前から色々と質問があり、その本を欲していることがビシビシと伝わっていたので、



好意で早めに発送したことも仇となりました。



商品を発送した翌日から、サイト上では落札者に対して次々とマイナス評価が…



どれも連絡が取れなくなったとのこと。



計画的な臭い、感じますよね?



被害にあった皆さん、諦めたかの様なコメントをされてますが、



俺はきっちし取り立てる気でいます。



たかだか310円。



でも今の俺にはその数百円も重要ですし、



何より、ネット上で古本屋をやろうという矢先に、こんなケチを付けられたことに



激しく憤ってます。



正直、取り立てるための諸策で、結果的に金銭面ではマイナスになるかも知れませんが、



そんなん、もう関係ないですよ。



とことんまで追い詰めます。



きっちし利子やら諸経費を乗っけて債権回収します。



で、一生後悔させてやります。



取りあえずは、法にのっとった方法を取るつもりですが、



なにか、他にいい案がある方はアドバイス下さい。



ネックは、当方が大阪で落札者住所が山口ということぐらいでしょうか。



女子供でも関係なく、徹底的に潰す!

posted by ibage at 11:45| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。