2011年10月13日

四天王寺

一回更新しなくなると、いつまでもズルズルと更新しない日が続いてしまいますね。



ま、正直ブログを更新している暇があれば勉強しろ!って状況なんですが、



ブログを更新しないからといって勉強をするわけでもなく・・・



先週末に古書市へ行ってました。




ibageの雑記

四天王寺です。



大阪の男子校出身の自分としては「四天王寺」という響きだけで



お寺よりも先に”名門進学女子校”のイメージが先行してしまいます。



知り合いも何人かいましたしね。



バレーボールに詳しい方なら、「四天王寺」と言えば女子バレー部の名門として記憶されているかもしれませんね。



自分の記憶が確かなら、空手部も強豪だった気がします。



糞真面目な女子校の上に、”墓石”と揶揄される制服。



残念ながら”ときめく”対象としては、他の女子校に比して数ランク下でした。



今はどうなんでしょう・・・



すみません。書いてみたものの、あまり興味が湧きませんでした。



あと、自分の記憶の中での四天王寺には「どやどや」という行事が付いて回ります。



真冬の2月、ふんどし一丁の男どもが肩を組み合い、境内を練り歩く。



で、本堂ではないと思うのですが、亀の池の前の建物で、落ちてくる御札を奪い合う。



半裸で暴れまわる男どもには、引っ切り無しに水が掛けられ、辺り一帯に湯気が立ち上る。



そんな行事です。



その男どもの中に自分がいました。



うちの高校と姉妹校(どちらも男子校)からしか、その行事に参加できず、



そして運動部に所属している人間は、半強制的に参加させられる。



ふんどしからはみ出す毛は処理すべきなのか、友人達と真剣に悩んだ覚えがあります。



結局、ギャランドゥとの境目が不明なので前面は剃らない、ケツ毛が尋常やない奴は剃れ、



ということで落ち着きました。



ケツ毛といっても、臀部ではなく穴の周りの方です。



幸い自分は剃らずに済んだのですが、



剃った奴らは、かなりチクチクするらしく、数日間まともに歩けていませんでした。



話が逸れっぱなしですが、もう少々。



境内を練り歩く際に沿道から向けられるビデオカメラ。



それらは須く我々の股間に向けられていました。



隠すこともなく、恥じる様子もなく、堂々と笑みを浮かべながら・・・



ふんどし一丁で水浸し、湯気の立ち上るの高校生。



そら「そっちの方」の方にとっては大好物ですわな。



で、最寄駅には行事が終わって帰ってくる我々を待ち受けている彼ら。



もちろん、外したての「使用済みふんどし」がお目当て。



相場は一本20000円。



自分に声をかけてきたオッサンは、



「もう2本も買うたから、お金ないねん。15000円でどう?」



・・・怖くて売れませんでした・・・



長くなりましたが、これが自分の中での「四天王寺」。



そんなところで開かれた古書市。




ibageの雑記



ibageの雑記

自転車で25分。



思ったより早く着いたのですが、そもそも家を出たのが閉場の2時間前。



まったくゆっくり見れませんでした。



うっすら砂ぼこりに覆われた本達に哀愁を感じつつ、



会場内で犬か猫のフンを踏んでしまい戦意喪失。



結局、2〜3冊気になった本はあったのですが、一冊も買わずに帰って来ました。



次の弁天町での古書市に期待です。

posted by ibage at 17:33| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。