2012年06月04日

「古本処 希縁庵」商品追加しました

暫く放置していた「古本処 希縁庵」に商品を追加しました。

直木賞受賞作の「鷺と雪」や芥川賞受賞作の「苦役列車」、

ダイヤモンド経済小説大賞優秀賞受賞作の「謀略銀行」など

14作品15冊です。

今回追加した商品の一冊に「私の嫌いな10の人びと」というものがあります。

これ、正直売りたくない!と思うほど一冊です。

「笑顔の絶えない人」や「常に感謝の気持ちを忘れない人」などを、

次々と切り捨てます。

ものすごく溜飲が下がる思いです。

「「わが人生に悔いはない」と思っている人」に対しては、

「とっとと満足して死になさい」とストレートに言い放つ。

まさにその通り!

こういう本に巡り合えるから古本屋巡りは止められない。

個人的には、この切り捨てる対象に

「ツイッターを楽しんでいる人」というのを加えたいと思います。

このブログに引っ越してくる前、昨年の6〜7月ごろのブログに書いたかと思いますので

ここでツイッターをやる人間の気持ち悪さを再度論証するのは止めておきますが、

あれを何の疑問も無しにやれる人間の神経はぶっ飛んでます。

かつて自分自身もアカウントを取って参加してみたのですが、

あまりにも気持ち悪くて、この一年程はログインすることすら出来ませんでした。

とある事情があって久々にログインしたことを機に、ようやくアカウントを削除。

憑き物が落ちたような清々しさです。

ツイッターを何の疑問もなく出来ることの気持ち悪さ、

一度考えてみてください。
posted by ibage at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。